コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nectophrynoides Nectophrynoides

世界大百科事典内のNectophrynoidesの言及

【カエル(蛙)】より

…これら地上生の種類は水辺にすむものより体内の水分消耗に耐えられる。 卵胎生のアフリカ産コモチガエル類Nectophrynoides以外はすべて卵生で,体外受精を行う。繁殖期の雄には,第1指に婚姻瘤(こんいんりゆう)と呼ぶ肉質隆起を生じ雌を抱接するが,抱接型には一般的な腋下(えきか)型のほかに,胸部・腰部抱接型がある。…

【ヒキガエル(蟇∥蟾蜍)】より

…卵は小さく,1匹の雌が多いものでは1~2万個を産卵する。アフリカのコモチヒキガエル属Nectophrynoidesは体長2~3cmと小型で,カエルでは唯一の卵胎生であり大きな子を100匹ほど産む。 ニホンヒキガエルBufo japonicus japonicus(英名Japanese toad)(イラスト)は俗称ガマ,ヒキ,オヒキなどと呼ばれ,本州,四国,九州の平地から山地にかけてふつうに見られる。…

※「Nectophrynoides」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone