コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Neo-Hindu NeoHindu

世界大百科事典内のNeo-Hinduの言及

【インド哲学】より

…他方ではラーマクリシュナとラマナ・マハルシは,当時の西洋化の風潮の高まりのなかにありながら,ひたすらヒンドゥー教の伝統を自ら体現して人々に大きな影響を与えた。70年代からは,ナショナリズムの高まりを背景に,その知的形成は主として西洋的でありながら,西洋の宗教,倫理,社会,政治的諸価値をヒンドゥー教に同化させたネオ・ヒンドゥーNeo‐Hinduとも呼ぶべき思想家たちが登場する。彼らのなかで重要な役割を演じたのは,ラーマクリシュナの弟子で,ラーマクリシュナ・ミッションを設立したビベーカーナンダ,近代インドの生んだ最大の思想家といわれるオーロビンド・ゴーシュ,真理の把持と非暴力の実践を通じてインド独立に専念したマハトマ・ガンディー,詩人として著名なタゴール,西洋哲学との比較を念頭におきながらインド哲学の究明に尽力したラーダークリシュナンらであった。…

※「Neo-Hindu」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone