コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nervilia Nervilia

世界大百科事典内のNerviliaの言及

【ムカゴサイシン】より

…常緑樹林の林床にまれに生える小型の地生ラン。葉と花が別々の時期に出るのが特徴。和名は球茎をヤマノイモのむかご(珠芽),葉をウスバサイシン類になぞらえたもの。小さな球茎がある。5~7月,10cmくらいの花茎に花を1個つける。葉は花後に出る。葉はただ1枚のみ,芽の中では扇のようにたたみこまれており,それが開くと葉柄は長く,葉身は五角形状心形となり,通常のランの葉とはかなり異なる。花は茶褐色であまり開かず,径1cm程度。…

※「Nervilia」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android