コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Neumann,V. NeumannV

世界大百科事典内のNeumann,V.の言及

【チェコ・フィルハーモニー管弦楽団】より

…第2次大戦後45年にチェコスロバキアの国営とされ,他の演奏団体や独奏家もその傘下に収めた新たな組織に改組された。その間首席指揮者としてクベリークRafael Kubelik(1914‐96),アンチェルルKarel Ančerl(1908‐73),ノイマンVáclav Neumann(1920‐95)とかわり,アンチェルルの時代(1950‐68)に世界有数の交響楽団の地位を得た。演奏曲目の約半数は自国の作品で,外国の現代作品に対してはやや保守的である。…

【ライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団】より

…メンデルスゾーンもここの指揮台に立つなど由緒ある楽団であるが,第2次世界大戦で大きな被害があり,戦後,コンビチュニーFranz Konwitschny(1901‐62)の手で復興された。その後,ノイマンVáclav Neumann(1920‐95),次いでマズアKurt Masur(1927‐ )が常任指揮者となっている。ドイツの伝統に裏づけられた重厚な響きが特徴で,ベートーベンやブラームスなどのレパートリーを得意とする。…

※「Neumann,V.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Neumann,V.の関連キーワードクレプシュゲーム理論ZND理論ノイマン型コンピュータークリスタリノクラスティック外来性石炭PNJ法(波浪予報)完全発達波全体主義ダービン=ワトソン比

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android