コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nicholson,W.(化学者) NicholsonW

世界大百科事典内のNicholson,W.(化学者)の言及

【電気】より

… 電気学の新しい展開は,1800年,イタリア人A.ボルタの電池の発明とともに始まるといってよい。ボルタの発明に刺激されたイギリスの化学者ニコルソンWilliam Nicholson(1753‐1815)と外科医カーライルAnthony Carlisle(1768‐1840)とは,共同で実験を行って水の電気分解を発見した(1800)。その後電気分解の現象はただちに,通信に利用することが試みられた。…

※「Nicholson,W.(化学者)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Nicholson,W.(化学者)の関連キーワードジャック・ニコルソンニコルソンケーニヒ(Friedrich König)コーマンニコルソンの浮き秤ペン(Sean Penn)ホフマン(August Wilhelm von Hofmann)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android