コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OSPF おーえすぴーえふ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

OSPF

Open Shortest Path Firstの略。大規模ネットワーク向けのルーティングプロトコルで、現在の多くの企業内ネットワークで利用されている。OSPFでは、ネットワークの回線幅などに基づいた「コスト」という値を元に計算を行ない、最小のコストで到達できる経路を最適と判断する。コストとは、帯域幅や信頼性、通信費用といった複数の要素を計算した値で、OSPFを利用するネットワークでは、それぞれのルーターに接続された経路にあらかじめコストが設定されている。それぞれのコストを計算し、値がもっとも少ない経路が最適と判断される。また、1つの目的地に同じコストの経路が複数ある場合はそのルートを交互に使えるため、負荷分散させることもできる。コストは、管理者が自由に設定できるほか、各ルーターベンダーの実装によってさまざまなパラメータが用意されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オー‐エス‐ピー‐エフ【OSPF】[open shortest path first]

open shortest path firstTCP/IPネットワークにおける、経路選択に関するプロトコルの一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

OSPFの関連キーワードダイナミックルーティングRIPAS

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android