コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Paranebalia longipes Paranebalialongipes

世界大百科事典内のParanebalia longipesの言及

【コノハエビ(木の葉蝦)】より

…大西洋,地中海,グリーンランド,チリ,ニュージーランドおよび日本などにわたる広い分布を示す。ほかに日本からパラネバリア・ロンギペスParanebalia longipesが相模湾から知られている。 コノハエビ目(薄甲目)は8胸節と咀嚼(そしやく)胃をもつことのほか,生殖孔の位置などで,明らかに高等な甲殻類の属する軟甲亜綱の一員であることを表している一方,この類に近いと思われる化石が古生代カンブリア紀から知られていることや,橈脚(じようきやく)類など下等甲殻類に見られるような尾叉(びさ)を腹部にもつことなどは,軟甲亜綱中もっとも原始的であることを示している。…

※「Paranebalia longipes」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Paranebalia longipesの関連キーワードチゴダラ(稚児鱈)イセエビジャコウソウ(麝香草)イセエビテナガエビ岩擬宝珠脚長鬼象鼻虫谷麝香草糸引鱈照葉蕃石榴

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android