コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Peplau,H.E. PeplauHE

世界大百科事典内のPeplau,H.E.の言及

【看護学】より

…その後アメリカにおいて,1950年代から,看護を学問として理論化する動きが幾人かの看護研究の先駆者たちによって行われてきた。代表的なものとしては,ヘンダーソンVirginia Henderson(1897‐ )とペプローHirdegard E.Peplau(1909‐ )の主張をあげることができる。ヘンダーソンは対象への個別的人間理解に基づいて,人間の基本的欲求に注目し,看護婦がこの個人のニーズを満たす働きをすることを重視し,いわゆる〈ニーズ論〉による看護の働きを整理し,提唱した。…

※「Peplau,H.E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android