コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Piocoris varius Piocorisvarius

世界大百科事典内のPiocoris variusの言及

【ナガカメムシ(長亀虫)】より

…カンショコバネナガカメムシCavelerius saccharivorusは九州,琉球,台湾に分布し,扁平で細長く翅の短い種類でサトウキビ害虫として知られ,ヒョウタンナガカメムシ類Eucosmetusは胸部がヒョウタン形でアリ類に酷似し,イネ科雑草の種子などを吸食する。オオメナガカメムシPiocoris variusやヒサゴナガカメムシNeomizaldus lewisiは食虫の習性もある。また複眼が突出した小型のメダカナガカメムシChauliops fallaxはダイズ,アズキの葉裏につき多少害がある。…

※「Piocoris varius」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Piocoris variusの関連キーワードナガカメムシエラガバルスヤケイヤマガラエラガバルス姫棘跳虫山雀青輝鸚哥青襟野鶏大眼亀虫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android