コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Playfair,L. PlayfairL

世界大百科事典内のPlayfair,L.の言及

【工学】より

…しかし,フランスやドイツなど大陸諸国が近代工学の理念を体した専門教育機関を通じて,大量の専門家を養成する体制を整えたために,19世紀中葉になると,工業化の最先進国としてのイギリスの地位は危うくなってきた。このような事態の展開を憂慮した,プレーフェアL.Playfair(1819‐98)ら科学者を中心とした大学人,知識人たちは,政府や世論に自国の危機的状況を訴えるとともに,企業家や土地所有者たちから拠金を募って,各地に理工カレッジを設立し,工学教育の普及に努め,技術者の養成にあたったのである。これら理工カレッジのいくつかは,19世紀末には高等教育機関としての実績を積み,体裁を整えて,大学に昇格した。…

※「Playfair,L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Playfair,L.の関連キーワード運搬膠結作用沖積フランクランドコルベ(Adolf Wilhelm Hermann Kolbe)フランクランド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android