コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Prosh'yan,P.P. ProshyanPP

世界大百科事典内のProsh'yan,P.P.の言及

【左派エス・エル党】より

ナタンソンのような老幹部のほか,スピリドーノワ,カムコフB.D.Kamkov,コレガーエフA.L.Kolegaevら若い世代が中心となり,首都,バルチック艦隊,カザン,ウファ,ハリコフなどがその拠点であった。12月22日(ロシア暦12月9日),ボリシェビキの求めに応じて,コレガーエフ(農業),シテインベルグI.Z.Shteinberg(司法),プロシヤンP.P.Prosh’yan(郵便・電信)らが人民委員会議(内閣)に入った。この党は憲法制定会議の解散にも同意を与えたが,1918年3月ドイツとのブレスト講和問題が大詰を迎えると,党の主流は調印拒否,革命戦争論の立場をとった。…

※「Prosh'yan,P.P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Prosh'yan,P.P.の関連キーワードつばめの巣プガチョフの乱迦多衍尼子プガチョフの乱ゲームボーイミクロ止観十大弟子プガチョフの乱

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone