Prosh'yan,P.P.(英語表記)ProshyanPP

世界大百科事典内のProsh'yan,P.P.の言及

【左派エス・エル党】より

ナタンソンのような老幹部のほか,スピリドーノワ,カムコフB.D.Kamkov,コレガーエフA.L.Kolegaevら若い世代が中心となり,首都,バルチック艦隊,カザン,ウファ,ハリコフなどがその拠点であった。12月22日(ロシア暦12月9日),ボリシェビキの求めに応じて,コレガーエフ(農業),シテインベルグI.Z.Shteinberg(司法),プロシヤンP.P.Prosh’yan(郵便・電信)らが人民委員会議(内閣)に入った。この党は憲法制定会議の解散にも同意を与えたが,1918年3月ドイツとのブレスト講和問題が大詰を迎えると,党の主流は調印拒否,革命戦争論の立場をとった。…

※「Prosh'yan,P.P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android