Quamoclit

世界大百科事典内のQuamoclitの言及

【ルコウソウ(縷紅草)】より

…ヒルガオ科のつる性一年草(イラスト)。ホソバルコウソウともいう。葉は羽毛状に細裂し,夏に鮮紅色,桃色,白色などの星形の花を葉腋(ようえき)から出る花梗に2花ずつつける。種子は黒褐色で細長い。 ルコウソウ属Quamoclit(英名star‐glory)の植物は熱帯地方に約10種が分布するつる性の一年草である。観賞用に栽培されるのはホソバルコウソウのほかに,ハゴロモルコウソウやマルバルコウソウがある。ハゴロモルコウソウQ.sloteri Nieuwl.(イラスト)はモミジルコウソウとも,また俗にチョウセンアサガオとも呼ばれ,1917年ごろアメリカでルコウソウとウチワルコウQ.coccinea (L.) Moench(英名star ipomoea)との交配によって作出されたものである。…

※「Quamoclit」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android