Rainaldi,G.(英語表記)RainaldiG

世界大百科事典内のRainaldi,G.の言及

【ライナルディ】より

…イタリアの建築家。ベルニーニ,ボロミーニ,ピエトロ・ダ・コルトナ以後のローマ・バロック建築を主導。壁体から離れて立つ独立円柱,ドームからの明るい採光などバロック建築の基本的演出手法を発展させる。一方,北イタリア滞在の経験をもつ建築家の父ジロラモGirolamo R.(1570‐1665)の影響を受けて,サンタ・マリア・イン・カンピテリ教会では北方的な平面形式を採用し,ローマの建築界に新しい刺激を与えた。…

※「Rainaldi,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android