コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Rerikh,Yu.N. RerikhYuN

世界大百科事典内のRerikh,Yu.N.の言及

【レーリヒ】より

…1910年代には教会の壁画とモザイク,舞台装飾にも新境地を開いた。18年以降ロシアを出,ヨーロッパ諸国を放浪した後,24‐28年には妻エレナと長男のチベット学者ユーリーYurii Nikolaevich Rerikh(1902‐60)とともに,カラコルム山脈,タリム盆地,アルタイ,モンゴル,チベット高原を経てシッキムに至る大探検を行った。旅行記の《アルタイ―ヒマラヤ》(1929)およびユーリーの著作《内奥アジアへの旅》(1931)がある。…

※「Rerikh,Yu.N.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Rerikh,Yu.N.の関連キーワードレーリヒ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone