コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Rhinosciurus laticaudatus Rhinosciuruslaticaudatus

世界大百科事典内のRhinosciurus laticaudatusの言及

【リス(栗鼠)】より

…歯冠部は小さく,そしゃく力は齧歯類としては弱い。リス類の多くは昼行性で,木の実,果実,種子,木の芽,草などの植物質を主食とするが,東南アジアに分布するハナナガリスRhinosciurus laticaudatus(英名long‐nosed squirrel)のように大型のアリ,シロアリ,甲虫,ミミズなどを主食とするものもある。
[昼行性・樹上生リス]
 典型的なリスで,樹洞や木の枝の上に小枝や葉を集めて大きなボール状の巣をつくる。…

※「Rhinosciurus laticaudatus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android