コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Richter,J.B. RichterJB

世界大百科事典内のRichter,J.B.の言及

【化学量論】より

…化学変化に伴う各物質間の量的変化の関係を明らかにしようとする化学の一分野。歴史的には,18世紀末ドイツのリヒターJ.B.Richter(1762‐1807)が,化学を数学的体系に還元できるのではないかと考え,種々の化学反応にあずかる成分の間の量的関係を調べたところ,当量的関係が成り立つことを見いだし,ギリシア語の基本成分を意味するstoicheionと測定を意味するmetreinを結びつけ,stoichiometryと呼んだのが初めである。この考えは近代化学の創始者たちに引き継がれ,フランスのJ.L.プルーストによって〈定比例の法則〉(1799),イギリスのJ.ドルトンによって〈倍数比例の法則〉(1808),そしてフランスのJ.L.ゲイ・リュサックによって〈気体反応の法則〉(1808)が確立され,原子・分子の概念による近代化学の確立の基礎となった。…

※「Richter,J.B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Richter,J.B.の関連キーワードジャンパウルジャン・パウルリヒター=グーテンベルク不連続面相互比例の法則バイオターベイトマグニチュード10インジウム化学量論グリーグジャン・パウル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android