コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Rippl-Rónai,J. RipplRonaiJ

世界大百科事典内のRippl-Rónai,J.の言及

【ナビ派】より

…最初のメンバーは上記2人のほか,ボナール,ビュイヤール,イベルHenri‐Gabriel Ibels(1867‐1936),ピオRené Piot(1869‐1934),ランソンPaul Ranson(1864‐1909),ルーセルKer Xavier Roussel(1867‐1944)。その後,ラコンブGeorges Lacombe(1868‐1916),リップル・ローナイJózsef Rippl‐Rónai(1861‐1927),マイヨール,バロットン,フェルカーデJan Verkade(1868‐1946)等が加わった。1888年,ブルターニュのポンタベンで,ゴーギャンの指導のもとにセリュジエが描いた新奇な風景画習作――〈護符(タリスマン)〉と呼ばれる――は,印象主義を超える道を模索していたドニたちにとって大きな啓示であり,これがグループ形成の直接のきっかけとなった。…

※「Rippl-Rónai,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Rippl-Rónai,J.の関連キーワード単語ヨウ化ナトリウム(沃化ナトリウム)ホールボディカウンター本木雅弘今川怜奈語幹語尾アテネアフリカ連合カポシュバール

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android