Rosales,E.(英語表記)RosalesE

世界大百科事典内のRosales,E.の言及

【スペイン美術】より

…そればかりか,46歳で全聾となり,啓蒙思想に傾倒し始めた以後の彼の絵画は,その研ぎ澄まされた洞察力,生得的な民衆の魂,卓絶した技法,自己表白的な傾向などにより,ロマン主義はもちろん,表現主義をはじめとする近代絵画の先駆となったのである。 19世紀ヨーロッパ美術は,新古典主義からロマン主義,写実主義,印象主義へと移行し,その影響はスペインにも及ぶが,この時代の注目すべき画家といえば,19世紀後半に活躍したF.deマドラーソ,ロサーレスEduardo Rosales(1836‐73),M.フォルトゥニー,J.ソローリャなどにすぎない。しかし,世紀末から20世紀初頭にかけて,マドリード派では,ゴヤの勇猛な流れをくむI.スロアーガ,J.G.ソラーナ,またモデルニスモを標榜し,パリの新潮流に注目するバルセロナ派では,カサスRamón Casas(1866‐1932),ノネイユ(ノネル)Isidro Nonell(1873‐1911)らが活躍した。…

※「Rosales,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報