Russko-kitaiskii bank(英語表記)Russkokitaiskiibank

世界大百科事典内のRussko-kitaiskii bankの言及

【露清銀行】より

…19世紀末に創設されたロシアの銀行。ロシアがシベリア鉄道の建設とも関連して,清国との経済関係を強化し,それによりイギリスに対抗して清への影響力を増強するために創設した。1896年1月開業。ツァーリ政府主導のもとに,フランスの銀行グループとロシア国際商業銀行の出資による株式会社形態をとった。1906年まで,1500万ルーブルの発行株式の大部分はツァーリ政府が所有した。重役数9(後に11)のうち,3をフランス,残りをロシア大蔵省関係者が占めた。…

※「Russko-kitaiskii bank」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android