コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SP(映画) えすぴー

世界大百科事典内のSP(映画)の言及

【プログラム・ピクチャー】より

…そして東映が新作2本立て番組(初期の添えもの作品はスポーツ,歌,ストリップ,スター訪問などの記録映画が多く,洋画の短編との〈抱合せ〉などもあった)によって市場拡大に成功し,しだいに〈市場性確保を建前とする新作2本立て制度〉が一般化し,松竹がまず上映時間40~50分程度の中編作品の製作に乗り出し,これを〈シスター映画〉と呼んだ。社長の城戸四郎の命名による〈姉妹編〉を意味する和製英語sister picture(最初はshort pictureとも呼んだ)がその語源で,略してSPともいい,添えもの映画の代名詞として使われるようになった。松竹の〈シスター映画〉の第1号は,1952年製作の《伊豆の艶歌師》で,西河克巳の第1回監督作品。…

※「SP(映画)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

SP(映画)の関連キーワード春見しんや中山麻聖岸田海音中村一晴兵頭祐香深澤尚吾岡けんじ植松瑞貴馬渕誉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SP(映画)の関連情報