コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Saladin Saladin

翻訳|Saladin

世界大百科事典内のSaladinの言及

【サラーフ・アッディーン】より

…翌年,ダマスクスで没。武人として優れた才能を発揮したばかりでなく,イスラムの慣行に基づいて異教徒を公正に扱い,その博愛主義のゆえにヨーロッパの文芸作品にもサラディンSaladinの名でしばしば登場する(レッシングの《賢者ナータン》やW.スコットの《タリズマン》など)。財政難に苦しみながらも,カイロにモスクやマドラサを盛んに建設して,イスラム諸学の振興に努めた。…

※「Saladin」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Saladinの関連キーワードクルドの暗殺者サラディン廟

Saladinの関連情報