コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Scharrer,E. ScharrerE

世界大百科事典内のScharrer,E.の言及

【神経分泌】より

…したがって,オキシトシンやバソプレシンは本来もっと大きな分子として合成され,分泌に際して小分子のホルモンとなることがわかる。神経分泌細胞の存在は1928年シャラーErnst Scharrer(1905‐65)によって明らかにされたが,この学説が一般に受け入れられたのは1960年代になってからといえよう。【石居 進】。…

※「Scharrer,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android