コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Scholl,H. SchollH

世界大百科事典内のScholl,H.の言及

【第三帝国】より

…しかし,全体としてこの運動はもはや大衆的支持を期待することはできず,〈成否を度外視して,後世への良心のあかしとして〉行動せざるをえない立場にあった。伝えられている〈第三帝国〉下の抵抗はショル兄妹(Hans Scholl(1918‐43)とSophie Scholl(1921‐43))の《白バラ通信Weisse Rose》の話を含めてそのほとんどが孤立無援の抵抗であった。 第三帝国の犠牲者はユダヤ人(400万~600万人)だけではない。…

※「Scholl,H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Scholl,H.の関連キーワードヘッカー森山泉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android