コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Schumann,V. SchumannV

世界大百科事典内のSchumann,V.の言及

【シューマン乾板】より

…波長200nm以下の遠紫外線用写真乾板。主として真空紫外分光器用に使われる。ドイツの物理学者シューマンVictor Schumann(1841‐1913)が初めて作り,遠紫外線の研究に用いたことからこの名がある。通常のハロゲン化銀乳剤は,バインダーとして使われているゼラチンが約210nm以下の紫外線を強く吸収するため,この波長域で感度が極端に低下する。ゼラチンを全部除去するとハロゲン化銀粒子を支持体上に保持できず,また現像も正常に起こらないので,シューマン乾板では必要最小量のゼラチンを用いる。…

※「Schumann,V.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Schumann,V.の関連キーワードシューマンの主題による変奏曲シューマンの主題による変奏曲シューマン乾板コベント・ガーデン王立歌劇場謝肉祭(シューマンのピアノ曲集)ブルックナー(Josef Anton Bruckner)エリック シューマン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android