コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sculthorpe,P. SculthorpeP

世界大百科事典内のSculthorpe,P.の言及

【オーストラリア】より

…戦後の作曲家は20世紀の作曲技法を積極的に取り入れると同時に,アジアの伝統的音楽(ことに日本の雅楽,インドネシアのガムラン)への関心が高まり,両者を合成して新しいオーストラリア独自の音楽文化をつくり出そうという運動が今日にいたるまで続けられている。その代表的な作曲家はスカルソープPeter Sculthorpe(1929‐ )とミールRichard Meale(1932‐ )であり,彼らの作品は国際的にも演奏されている。【スティーブン・G.ネルソン】
【日本との関係】
 日本とオーストラリアの交流の歴史は両国が近代国家として生まれた時期にまで遡ることができる。…

※「Sculthorpe,P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android