コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sextus Pompeius Magnus Pius SextusPompeiusMagnusPius

世界大百科事典内のSextus Pompeius Magnus Piusの言及

【アウグストゥス】より

…前42年,フィリッピの戦で共和派の残党を一掃した際には,頭目ブルトゥスの首をカエサルの彫像の前にささげたといわれる。 その後,退役兵への土地分配をめぐってアントニウスとの間に亀裂が生じ,彼は海上に勢力を振るうセクストゥス・ポンペイウスSextus Pompeius Magnus Piusと一時結んだが,前40年ブルンディシウムの協約によって再びアントニウスと和解した。この頃,彼の姉オクタウィアはアントニウスと結婚し,両者の協力関係は強まったかに見えたが,前36年ポンペイウスの艦隊が撃破され,レピドゥスが失脚して,彼が西地中海の覇者となると,東地中海を勢力範囲とするアントニウスとの間の緊張は高まった。…

※「Sextus Pompeius Magnus Pius」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Sextus Pompeius Magnus Piusの関連キーワードアルフォンソ[5世]スーポーブルトンピエール ワイスカノン法大全セクストス・ホ・エンペイリコスファルクベルゲボニファチウス8世セネカ(小セネカ)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android