コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Shigella dysenteriae Shigelladysenteriae

世界大百科事典内のShigella dysenteriaeの言及

【赤痢】より

…赤痢菌は長さ2~4μm,幅0.4~0.7μmのグラム陰性の杆菌で,鞭毛はない。A群(Shigella dysenteriae),B群(S.flexneri),C群(S.boydii),D群(S.sonnei)の4群に大別され,各群はそれぞれ10型前後に型別され,総計三十数型に分類されている。経口感染によって侵入した赤痢菌は,空腸内で増殖しつつ結腸に達し,とくに下行結腸,S状結腸の粘膜上皮細胞内で増殖して固有層に至り,内毒素による炎症,変性の結果,潰瘍を形成する。…

※「Shigella dysenteriae」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。