Sigismund,J.(英語表記)SigismundJ

世界大百科事典内のSigismund,J.の言及

【プロイセン】より

…アルブレヒトは行政・財政を改革し,教会秩序を整え,ケーニヒスベルク大学を創立(1544)するなど,模範的な領邦君主であった。しかし68年にその位を継いだ息子のアルブレヒト・フリードリヒは暗愚なうえ,まもなく精神障害に陥ったため,相次いで何人かの摂政が置かれたすえ,1618年に至って,彼の義子にあたるブランデンブルク選帝侯ヨハン・ジギスムントJohann Sigismund(ブランデンブルク選帝侯(1608以降),プロイセン公(1618‐19))が,プロイセン公国を相続することとなった。 これ以後,プロイセン公国は,ホーエンツォレルン家のもとに,同君連合のかたちで,歴代のブランデンブルク選帝侯の支配をうけるが,プロイセンに対するポーランドの宗主権はなおも存続した。…

※「Sigismund,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android