コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Smith,G.E. SmithGE

世界大百科事典内のSmith,G.E.の言及

【伝播】より

…民族学の歴史においては,19世紀後半における進化主義への批判として,20世紀初頭には伝播主義が盛んとなった。これにはさまざまな学派があり,その極端なものとしては,古代エジプトに世界の文明の唯一の源泉があり,ここから太陽巨石文化が世界中に広がっていったとするイギリスのスミスGrafton Elliot SmithやペリーWilliam James Perryの説がある(ヘリオセントリズムHeliocentrism)。ドイツやオーストリアのいわゆる文化圏説もしばしば伝播主義と呼ばれる。…

【ミイラ(木乃伊)】より

死体現象【小嶋 亨】
[世界のミイラ]
 死体保存の方法としてのミイラ作りは赤道を取り巻く形で世界中に広く分布している。かつてエリオット・スミスG.Elliot Smithは《初期文化の移動Migrations of Early Culture》(1915)のなかですべてのミイラ作りは古代エジプトから伝播したものだとする説を発表したが,現在これを支持するものはいない。確かにエジプトでは第1王朝の初期からミイラ作りが行われ,彼らの文明の特徴ともいえる死の宗教文化の形成の主要な一角を担ってきたが,新大陸にまで及ぶミイラの分布を一元的に説明することは不可能である。…

※「Smith,G.E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

Smith,G.E.の関連キーワードサー球枕状構造北海道開拓メリルリンチ[会社]モルモン教包有物温度計混濁流不整合プロラプス層理ボルテックス・キャスト

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone