コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Smith,W.(発明家) SmithW

世界大百科事典内のSmith,W.(発明家)の言及

【テクノクラシー】より

…国家の政策が,専門家の専門知識にもとづく勧告によって決定されるような政治体制を指す言葉として,今日では使われているが,元来は,1932年から33年にかけてアメリカで爆発的に流行した思想運動のかかげたスローガンである。 テクノクラシーという言葉を考案したのは,アメリカの発明家スミスWilliam Smithであるとされているが,このように命名される思想自体は,20世紀初頭のアメリカの時代思潮であるといえる。その興隆は,技術者の専門職としての自己意識が高揚し,F.W.テーラーの〈科学的管理法〉をはじめ,技術者の自負心を高める成果が積み重ねられていったことを背景としていた。…

※「Smith,W.(発明家)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Smith,W.(発明家)の関連キーワードスミス(Kiki Smith)クラウス(Rosalind E. Krauss)サー球枕状構造スミス(Adam Smith)ソロモン・スミス・バーニー地質学テレビジョン(ロック・グループ)ニズラリウムブルース(ポピュラー音楽)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android