Sozialgesetzbuch

世界大百科事典内のSozialgesetzbuchの言及

【帝国保険法】より

…法律制定のねらいは労働者保険に関する法規定や所管庁の統一化にあったが,同時に遺族保険の導入,適用範囲の拡大などの制度改善も行われた。第2次大戦後社会保障改革に関連して社会保障立法全般の統一化の必要性が叫ばれ,それに応えて10編から成る社会法典Sozialgesetzbuchが編纂されることになった。第1編総則の1976年施行に続いて逐次編纂が続けられ,その完成によって帝国保険法はそこに吸収されることになる。…

※「Sozialgesetzbuch」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android