帝国保険法(読み)ていこくほけんほう(英語表記)Reichsversicherungsordnung

世界大百科事典 第2版の解説

ていこくほけんほう【帝国保険法 Reichsversicherungsordnung】

1880年代に創設された疾病保険災害保険,廃疾保険に新たに遺族保険を加えて1911年に制定されたドイツの統一的社会保険立法。ドイツ国社会保険法とも訳される。全体は6編によって構成され,うち3編が疾病災害年金の各保険に,残りが総則と共通規定にあてられる。法律の内容はその後たびたび改められたが,構成はほぼそのままの形で今日まで引き継がれた。法律制定のねらいは労働者保険に関する法規定や所管庁の統一化にあったが,同時に遺族保険の導入,適用範囲の拡大などの制度改善も行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の帝国保険法の言及

【社会保険】より

…疾病保険に続いて84年には業務災害を保険事故とする災害保険が工業に働く一定所得以下の労働者と職員を対象として,また89年には16歳以上のすべての労働者を対象とする廃疾・老齢保険が創設された。これら三つの社会保険は,1911年新設された遺族保険とともに帝国保険法に統合された。世界で初めての失業保険が登場したのは11年,しかし場所はイギリスにおいてであった。…

※「帝国保険法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android