Spinner,W.(英語表記)SpinnerW

世界大百科事典内のSpinner,W.の言及

【新神学】より

…明治20年代,ドイツより日本にもたらされた自由主義神学に対する呼称。1885年普及福音同盟より派遣された宣教師シュピンナーWilfrid Spinner(1854‐1918)が来日,新教神学校を開設し,雑誌《真理》を発行してチュービンゲン学派の歴史的・批判的方法による聖書の合理主義的理解にもとづく自由主義的キリスト教を宣教した。聖書を無謬の神の啓示の書とせず,宗教的記録として倫理的な意義を求めたその教説は,それまで超自然的な福音理解を正統とするイギリスやアメリカの宣教師の影響のもとにあった日本のプロテスタント教会の教職・信徒に大きな衝撃を与え,教会を去り信仰を喪失する者が相次いだ。…

※「Spinner,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android