コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Stas,J.S. StasJS

世界大百科事典内のStas,J.S.の言及

【化学】より

…分析化学者の任務には通常の分析のほか,とくにカールスルーエの国際会議以降は原子量の精密測定が含まれるようになった。この分野においてベルセリウス以降,スタスJean Servais Stas(1813‐91),T.W.リチャーズらの寄与が目立った。
[20世紀]
 19世紀の化学が1800年のボルタ電堆の発見によって華々しく幕を開けたのと同様に,20世紀の化学はX線の発見(1895),電子の発見(1897),放射能の発見(1898)という19世紀末の三つの発見によって特徴づけられた。…

【リチャーズ】より

…1年間の海外留学ののち,ハーバード大学の分析化学の助手となり,1901年教授となった。重量分析法にさまざまな改良を加えて多数の元素の原子量を精密に測定し,当時まで採用されていたスタスJean Servais Stas(1813‐91)の値を訂正した。この功績により,14年アメリカ人として最初のノーベル化学賞を受けた。…

※「Stas,J.S.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Stas,J.S.の関連キーワードリチャーズ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android