Stephanoaetus coronatus(英語表記)Stephanoaetuscoronatus

世界大百科事典内のStephanoaetus coronatusの言及

【ワシ(鷲)】より

…クマタカ類は7属20種を含み,タカの名がつくが,全長50~100cmと大きく,幅広の大きな翼をもつなどイヌワシ属に近い。アフリカの森林にすむカンムリクマタカStephanoaetus coronatusは,扇形の冠毛がある点と重い獲物を垂直に樹上に運びあげる強力な飛翔力をもつ点とがオウギワシによく似ている。小型のレイヨウやサルを食べ,美しい音色の2音からなる声をしばしば出す。…

※「Stephanoaetus coronatus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android