Stephanodiscus calconensis(英語表記)Stephanodiscuscalconensis

世界大百科事典内のStephanodiscus calconensisの言及

【琵琶湖】より

…この類はほとんどが世界中に広く分布するもので,各湖に特有の種は一般に少ない。だが琵琶湖はやや例外的で,多量に発生するケイ藻のStephanodiscus calconensisMelosira solidaなどは,日本の他の湖にはまず,遠く北アメリカに分布するという。渦鞭毛藻類のCeratium hirundinellaは日本や世界の各地に分布するが,琵琶湖のものだけが形態を異にする。…

※「Stephanodiscus calconensis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android