コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Stewart,L. StewartL

世界大百科事典内のStewart,L.の言及

【テイタム】より

…13歳でバイオリンを手がけたが,ピアノに転向してプロになり,やがて1932年にニューヨーク52番街のオニックス・クラブにおける演奏が注目された。38年にはロンドンで大成功を収め,43年以降タイニー・グライムスTiny Grimes(ギター),スラム・スチュアートLeloy(Slam) Stewart(ベース)を率いたトリオで活躍した。もしアート・テイタムが白人に生まれていたら,20世紀最高のコンサート・ピアニストの一人に数えられていたろう,と多くの人がいい,ホロビッツやゴドフスキが彼の生演奏を聴いて驚嘆したという話も残っている。…

※「Stewart,L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Stewart,L.の関連キーワードスチュアートポリス(ロック・バンド)スチュアート島カースルレーエアヒーヴ構造関口アナムテイタム電離圏電流ロールス・ロイス[会社]クリステン・スチュワート

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android