Stigler,G.J.(英語表記)StiglerGJ

世界大百科事典内のStigler,G.J.の言及

【産業組織論】より

…もっとも,たとえば高利潤が活発な広告活動を可能にし,下位企業に広告費負担増を強いて売手集中度を引き上げるなど,市場成果から市場行動,市場構造へのフィードバック効果の存在も意識されている。他方,スティグラーGeorge J.Stigler(1911‐91)を代表とするシカゴ学派は,市場の作用についてもっと楽観的で,政府の介入やカルテルがなければ高利潤は競争を生み,独占的構造は自動的に矯正されていくと考え,カルテル規制と政府規制の緩和・廃止の意義を強調する傾向がある。独禁政策の手段の有効性について立場がわかれるが,競争的市場の機能を高く評価する点では,シカゴ学派も伝統派と見解を同じくしている。…

※「Stigler,G.J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android