コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Stigler,G.J. StiglerGJ

世界大百科事典内のStigler,G.J.の言及

【産業組織論】より

…もっとも,たとえば高利潤が活発な広告活動を可能にし,下位企業に広告費負担増を強いて売手集中度を引き上げるなど,市場成果から市場行動,市場構造へのフィードバック効果の存在も意識されている。他方,スティグラーGeorge J.Stigler(1911‐91)を代表とするシカゴ学派は,市場の作用についてもっと楽観的で,政府の介入やカルテルがなければ高利潤は競争を生み,独占的構造は自動的に矯正されていくと考え,カルテル規制と政府規制の緩和・廃止の意義を強調する傾向がある。独禁政策の手段の有効性について立場がわかれるが,競争的市場の機能を高く評価する点では,シカゴ学派も伝統派と見解を同じくしている。…

※「Stigler,G.J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone