Stipa

世界大百科事典内のStipaの言及

【ハネガヤ(羽茅)】より

…山林の中の草地に生えるイネ科の多年草。茎は小さい株をつくり,直立して硬く,高さ80~150cm,数個の節がある。葉はやや幅広い線形で,長さ30~60cm,幅は7~15mm,質はやや硬く,乾くと内へ巻き,先はしだいに長くとがり下へ垂れる。花房は8~9月に茎の先端に現れ,大きくまばらな円錐花序で,全体は卵形で長さ20~50cm,中軸の各節に3~4個の細長い枝を半輪生し,さらに分かれた小枝の上にまばらに小穂をつける。…

※「Stipa」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android