Sykes,G.M.(英語表記)SykesGM

世界大百科事典内のSykes,G.M.の言及

【犯罪学】より

…またマッツァD.Matzaの〈非行漂流理論〉は非行少年は非行副次文化理論の説くように特定の非行副次文化に支配されてしまっているわけではなく,それと遵法的行動様式との間を漂流しているにすぎないとする。同様に非行少年の規範意識を分析したものに,マッツァとサイクスG.M.Sykesによる〈非行中和技術理論〉〈潜在的価値理論〉などがある。 レマートE.M.Lemert,ベッカーH.S.Becker,シュアーE.M.Schurなどによる〈社会的反作用(ラベリング)理論〉は,主として1960年代から70年代に展開されたが,これは以上の諸理論と視点を異にし,逸脱行動を行う者とそれに対して逸脱者としての烙印を押す社会の構成員や司法機関などとの相互作用に着目し,犯罪・非行とは社会の側がある行為を犯罪・非行であるとレッテルを貼った行為であるとして,社会的反作用自体が逸脱者を生み出す点を指摘する。…

※「Sykes,G.M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android