コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sympasiphaea imperialis Sympasiphaeaimperialis

世界大百科事典内のSympasiphaea imperialisの言及

【ショウジョウエビ(猩々蝦)】より

…1918年春,当時皇太子殿下であった昭和天皇が沼津御用邸に滞在中,暴風雨の翌朝海岸で1尾採集したのが初めての標本で,その後やはり沼津付近から合計5個体ほど得られているだけの珍しい種である。22年に新種としてSympasiphaea imperialisの学名が与えられたが,最近の研究によると,属の模式種であるインド洋産のS.annectensと同種であり,それはまた大西洋産のG.marsupialisと同種である。大型種ではあるが肉量が少ない。…

※「Sympasiphaea imperialis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Sympasiphaea imperialisの関連キーワードショウジョウエビ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android