コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Synthliloramphus antiquus Synthliloramphusantiquus

世界大百科事典内のSynthliloramphus antiquusの言及

【ウミスズメ(海雀)】より

…冬鳥としてはハシブトウミガラス(イラスト),ウミバト(イラスト),エトロフウミスズメ,シラヒゲウミスズメ,コウミスズメ,ウミオウム(イラスト),ツノメドリ(イラスト)の7種が渡来するが,これらもほとんど日本北部の海上に生息している。 ウミスズメSynthliloramphus antiquus(英名ancient murrelet)(イラスト)は朝鮮半島,アムール河口,サハリン,北部日本,千島列島,アレウト列島,アラスカ南部で繁殖し,冬は南へ移動する。日本では本州北部以北で繁殖し,冬は本州以南の海上でもふつうに見られる。…

※「Synthliloramphus antiquus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Synthliloramphus antiquusの関連キーワードアリ塚ツポレフサンアントン城サントアントニオ教会存在と無サントアンタン島サントアントニオ修道院バーハ要塞バーラ要塞ツポレフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android