コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Tikhonov,N.A. TikhonovNA

世界大百科事典内のTikhonov,N.A.の言及

【ソビエト連邦共産党】より

…さらに〈発達した社会主義〉と全人民国家建設(全人民国家論)をめざしたブレジネフ憲法(1977)を公布した。また77年ブレジネフはソ連邦最高ソビエト幹部会議長ポドゴルヌイN.V.Podgornyi(1903‐83)を失脚させてその地位につき,チェルネンコKonstantin Ustinovich Chernenko(1911‐85)を政治局員に登用し,また80年コスイギン首相の死後はチーホノフNikolai Aleksandrovich Tikhonov(1905‐97)を首相にするなど,ブレジネフの個人的権威は高まり,82年のスースロフの死去でこの傾向はいっそう強められた。しかし経済成長は止まり,また1979年末のアフガニスタン侵攻や戦略兵器制限交渉の棚上げにより対米関係が冷却化し,また〈連帯〉をめぐるポーランドにおける諸事件などで,労働者の前衛という党の正当性の根拠が問われる事態となった。…

※「Tikhonov,N.A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android