Tockus camurus(英語表記)Tockuscamurus

世界大百科事典内のTockus camurusの言及

【サイチョウ(犀鳥)】より

…全長38~125cm。もっとも小さい種はアフリカのアカハシマメサイチョウTockus camurus,最大種はアジアのオナガサイチョウRhinoplax vigilである。樹木の散在する草地から熱帯降雨林まで,樹木のあるさまざまな環境に生息し,その生息環境の相違から地上生のジサイチョウ類と樹上生のサイチョウ類に分けられる。…

※「Tockus camurus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android