UMA(読み)ゆーえむえー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

UMA

Upper Memory AreaMS-DOSのメモリー管理仕様であるXMSで定義された、640KBから1MBのメモリー領域。通常、この領域はシステム用として予約されているため、自由に使用することはできないが、i386以上のパソコンでXMSに対応したメモリー管理ソフトを使用すると、デバイスドライバーや常駐ソフトなどをこの領域に待避させてコンベンションメモリーの空き容量を増加できる。XMSUnified Memory Architectureメインメモリーの一部を、グラフィックス表示用のメモリーとして利用するための技術。PC/AT互換機のグラフィックス規格の標準化団体である、VESAによって策定された。UMAを利用すると、処理速度が遅くなるが、グラフィックス表示用のメモリーが不要になるため、パソコンのコストを削減できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のUMAの言及

【おおぐま座(大熊座)】より

…略号UMa。北天の大星座。…

※「UMA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

UMAの関連情報