Umbonium

世界大百科事典内のUmboniumの言及

【キサゴ(喜佐古)】より

…内海の砂底に多いニシキウズガイ科の巻貝(イラスト)。キシャゴ,シタダミ,ゼゼガイなどともいう。殻の高さ1cm,太さ1.5cm。殻表の上側は光沢があり,巻きに従って細い溝があるが,下側はなめらかで,中央部に赤みのある石灰が沈着している。殻の模様は個体によって変異があるが,多くは黄色の地に黒斑がかすり状に並んでいる。殻口は成貝でもその縁が厚くならず,内面には真珠光沢がある。砂中に潜るので軟体の前方の外套(がいとう)膜縁が水管状となり,そこより水を吸いこむ。…

※「Umbonium」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android