コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Urtrieb Urtrieb

世界大百科事典内のUrtriebの言及

【欲動】より

…彼は欲動を〈身体内部に由来し精神のなかに到達する刺激の心的な表象〉とも述べている。フロイトは欲動のうちもっとも基本的なものを〈原欲動Urtrieb〉と呼び,1920年ころまでは,〈自我欲動Ichtrieb〉(自我本能)と〈性欲動Sexualtrieb〉(性本能,リビドー)を原欲動と考えた。その後の変遷を経た後に,彼は〈生の欲動Lebenstrieb〉(生の本能)と〈死の欲動Todestrieb〉(死の本能)を人間にとって基本的なものと考えるようになった。…

※「Urtrieb」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android