コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欲動 よくどう

3件 の用語解説(欲動の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

よくどう【欲動】

精神分析学の用語。人間を常に行動へと向ける無意識の衝動。フロイトによれば、心的なものと身体的なものとの境界概念と位置付けられ、自己保存欲動と性欲動(のちに生の欲動と死の欲動)とに二分された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よくどう【欲動 drive】

S.フロイトによって用いられた精神分析的概念。本来ドイツ語Triebの訳語であり,〈本能〉とも訳されているが,本能とは区別すべきである。フロイトは欲動を〈心的なものと身体的なものとの境界概念〉と述べ,心理学的な意識的体験としての〈欲求need〉や〈欲望desire〉に比して,生物学的な基盤を考慮した概念として用いる一方,〈本能〉よりは心理的な概念として用いている。彼は欲動を〈身体内部に由来し精神のなかに到達する刺激の心的な表象〉とも述べている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欲動
よくどう
Triebドイツ語
pulsionフランス語
instinctdrive英語

精神医学の用語。フロイトが『性欲論三篇』Drei Abhandlungen zur Sexualtheorie(1905)のなかで導入した用語。「精神的なものと身体的なものの境界概念」であり、身体的な刺激の解消に向かう心的な緊張状態を指す。
 『性欲論三篇』でフロイトは、欲動を「休むことなく流れている、体内的な刺激源の心的な代表者」と規定し、これをその身体的な「源泉Quelle」(とくに重要なものとして口唇と肛門があげられる)とそこで生じる刺激の解消という「目標Ziel」によって特徴づけた。のちに論文「欲動とその運命」Triebe und Triebschicksale(1915)でフロイトは、これらに「衝迫Drang」と「対象Objekt」を加えた4要素をもって欲動を考えるようになり、それぞれ異なった源泉と目標をもつ欲動(部分欲動)が、さまざまな変転を経て異性を対象に選ぶ性器期的な愛へと統合されてゆく過程としてリビドーの発達を記述した。
 部分欲動を中心としたフロイト前期の欲動論に対して、後期の欲動論を特徴づけるのはその二元性である。「欲動とその運命」で性欲動に対立する自我欲動(自己保存欲動)として提示されたこの二元性は、やがて生の欲動と死の欲動の対立というかたちでフロイト思想の根幹に据えられることになった。精神分析理論の根本原理である快感原則(不快と感じられる緊張状態からの解放を目指す傾向)によっては説明されえない現象が、人間の心理には数多く見いだされるが、緊張状態をむしろつくり出す方向に向かうそれらの現象を前にして、フロイトはこれらを、快感原則の究極的な姿である「死の欲動(タナトス)」およびこれと対立するもう一つの原理「生の欲動(エロス)」を考えることで説明しようとした(「快感原則の彼岸」Jenseits des Lustprinzips(1920))。
 この二大欲動論を説明するにあたり、フロイトがワイスマンら当時の生物学者の知見を数多く援用したことからフロイト学説を生物学主義とみなす解釈が生じたが、フロイト自身はこれをあくまで一つの「神話」(「続精神分析入門」Neue Folge der Vorlesungen zur Einfhrung in die Psychoanalyse(1932))とみなしていた。のちにラカンはこれを言語および他者の問題系のなかに位置づけ直したうえで、部分欲動についても新たに欲動の対象として「眼差しregard」および「声voix」を考えた(『精神分析の四基本概念』Les quatre concepts fondamentaux de la psychanalyse(1964))。[原 和之]
『フロイト著、懸田克躬ほか訳「性欲論三篇」「欲動とその運命」「快感原則の彼岸」「続精神分析入門」(以上『フロイト著作集』所収・1968~83・人文書院) ▽ジャック・ラカン著、ジャック=アラン・ミレール編、小出浩之ほか訳『精神分析の四基本概念』(2000・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の欲動の言及

【行動】より

…それを可能にするのは次のようなメカニズムであると考えられている。まず動物の内部で特定の行動に対する衝動driveまたは動機づけmotivationが高まる。そういう状態において適切な信号を伝えるリリーサー(解発因)に出会うと,生得的解発機構を介してその行動が解発されるというわけである。…

【意欲障害】より

…欲動と意志をあわせて意欲という。欲動は自発的に発生する,何かをしようとする衝動であり,緊張した,不快な感情をともなうが,それが解放されると快の感情が生じる。…

【衝動】より

…その起源はその人の身体に由来することも,意識的・無意識的な心に由来することも,また外界の刺激によることもある。衝動のうち,身体的なものが心に感じられるものを狭く欲動という。また,本能の語が,衝動と同義に用いられる場合と,動物に遺伝的にプログラムされている生得的行動図式を指す場合とがある。…

※「欲動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

欲動の関連キーワード新フロイト派精神分析前意識リビドー岸田秀シュレーバー精神分析入門タウスクフェレンツィメニンガー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

欲動の関連情報