コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Václav II(英語表記)VaclavII

世界大百科事典内のVáclav IIの言及

【チェコ】より

…オタカルは1278年にルドルフと中欧の覇権を争うマルヒフェルトの戦で敗死し,南方の領土を失った。その後オタカル2世の子バーツラフ2世Václav II(在位1278‐1305)が遺産相続によってハンガリー王,ポーランド王を兼ねたために,チェコは帝国内の一大勢力になった。だが次のバーツラフ3世Václav III(在位1305‐06)が暗殺されると断絶し,以後,外来の君主がボヘミアを統治することになる。…

【ポーランド】より

…ヘンリク4世有徳侯Henryk IV Probus(1257ころ‐90。王位を目ざすが実現直前に死亡),プシェミスウ2世Przemysł II(1257‐96),チェコ国王バーツラフ2世Václav II(1271‐1305),ブワジスワフ短身王Władysław Łokietek(1260ころ‐1333)が,それぞれポーランド王位を手がかりに統一の実現を目ざすが,最終的にこれに成功したのが短身王である(1306)。そして,その子カジミエシュ世(大王。…

※「Václav II」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android