コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VLA ブイエルエーVLA

デジタル大辞泉の解説

ブイ‐エル‐エー【VLA】[very large array]

very large array》米国国立電波天文観測所の電波望遠鏡網。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のVLAの言及

【電波干渉計】より

…太陽観測用としては,東京天文台野辺山太陽電波観測所および名古屋大学空電研究所に波長1.8cm,3cm,8cmの干渉計がある。アメリカ国立天文台のVLA(very large arrayの略)は,現在世界でもっとも規模の大きい電波干渉計である。口径25mのアンテナ27基を1辺が約20kmのY字型レール上を移動させる開口合成型の電波干渉計で,0.1秒角の優れた分解能を誇っている。…

【電波望遠鏡】より

…開口合成型の場合はさらに大量情報の高速処理を必要とする(図)。
[VLA]
 最新鋭かつ世界最大の開口合成電波干渉計は,アメリカ国立電波天文台のVLA(very large arrayの略)である。標高2000mの高地に,1辺21kmのレールをY字形に敷き,これに沿って直径25mのパラボラを27基配置している。…

※「VLA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

VLAの関連キーワードトルベツコーイ(Sergey Nikolaevich Trubetskoy)very large arrayハブリーチェク・ボロフスキーウラディーミル ロージングブロードキャストドメインアメリカ国立電波天文台広域Ethernet厳重に監視された列車メトロイーサーネットヤコフ フリエールSUPERSTAR聖ペテロパウロ教会レイヤー3スイッチIEEE802.1アンナ ショリナペータル(1世)カラコーゾフ事件マルコフニコフ則バーチャルLANストロイフェルス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

VLAの関連情報